読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ゲームしたかった」と両親 - 女児窒息死

考えたこと

哀しい事件が続きます。

「ゲームしたかった」と両親 - 共同通信 47NEWS


母17歳、 父23歳
ゲームがしたかった という理由が、あまりにも幼すぎます・・・。

若くに親になったからといって、しっかりと子育てをし始めている子もたくさんいます。
が、明らかに、この2人は、親になるには幼かった。。。

私は、親になったことはないのですが、親になった家族、友達、同僚、後輩がたくさんいます。
親になったことはないけど、親御さんからの相談を受けたりします。
子を思って日々を生活している方たちと、どこで違ってしまったかなぁ、って思います。


子育てって、その子がいつか親になって、子を育てて、って繋がっていくんだろうなぁって思います。
生物学的には、こうやって産まない(産めない)自分のような個体がいたり、子を育てられない個体がいたり、不慮の事故に合う個体がいたりして、その時の環境を勝ち残った個体が子孫を残していくのだとは思うのです。

しかしながら、思考や言語という、高次のものを与えられている「人間」としては、やはり哀しいことだと、なんとか避けられるものではなかったか、と考えてしまいます。


この世に生まれた意味は何だったのかと、考える間もなく旅立った小さな子が、
迷わずに、虹の橋を渡れますように。