まめまめ日和

40代からのまめまめしい(?)毎日。

クリスマスが近づいてきました>それぞれの「ふつう」

子供もおりませんし、元々の育った家庭が、クリスマスは「ケーキを食べる日」程度の家庭でしたので、とくに、イベントはございません。

なつかしのバターケーキから、一時流行った、アイスケーキを経て、生クリームケーキをば。。。。あぁ、懐かしい。

いや、クリスマス嫌いではないです。
宗教的なものは、あまりわからないのですが、日本の、というより、やっぱり北欧とか、ドイツあたりのは、映像を見ているだけで癒されますし、絵本とか、映画とか、好きなんですよ。
 
 ただ、日本のお祭りイベント的なのが、あまり得意ではないだけで。
 
となりの席の同僚(男性)は5つ年下なんですが、我が家がクリスマスのイベントをやらないことが、(ごちそうとか、プレゼントとか?)とても不思議なんだそうですが、
こっちとしては、「冬至」「ゆず湯」「冬至にはかぼちゃを食べる」を知らないほうが、よっぽど不思議だったのです。
 
ちなみに「菖蒲湯」も知らなかったので、教えました。
(だって、「何それ?」って言うから)
 
育った文化(年齢も?)って、大きい。
自分の当たり前は、人の当たり前とは違う。でも、だからこそ、いろんな考えをもち、生き方を選ぶ。
そうやって、社会のなかでの役割が分担されていくのかなぁ。

できれば、様々な環境で育っても、その人なりの幸せが見つかるような世の中であってほしいです。
 
あ、別に同僚とは仲が悪いわけではありません。