読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016 この時期に考えたこと。

色んな人からの年賀状を見て、お子さんが、すくすく大きくなっていて、「かわいい」から、「しっかりしてきたなぁ」に感想が変わってくる。まだまだ大人の手がかかる頃の子が多いものの、早くに子供を産んだ友達のところは、大学受験や、就職がちらついてきている。

 

自分のDNAは残らないなぁと、本気で考えている。夫には申し訳ないのだけども。

でも、私とは血の繋がりはないにせよ、甥姪がいるし、自分の実家は分家で意外と複雑だし、と思うと、まぁ、そういう生き方もありかな、と思うのです。

 

そういうわけで、「子育て」という、人生において、とても大きな仕事を手放す(手に入れてないけど)と、結構この先「何しよう?」となる。

新しい年代に入っていくにあたって、特に「これだけは譲れない」という趣味もない私が、何をモチベーションに仕事をしたり、お金を貯めたりしていこうかなぁとぼんやり考えていた。

 

もちろん、第1には自分たちの生活のため。

贅沢ではなくて良いけれど、日々の生活には困らないでいたい。「これ」という趣味はないけれど、興味を持ったときに出かけられたり、「食べたい」って思ったものを、多少は食べられる生活をしたい。夫が欲しいなぁと言ったものを、多少は「いいんじゃない?」と言えるようにしておきたい。あまり、「マイホーム」を持つことに関心がないので、しばらくは、つつましく家賃が払えればよいが、ライフステージを経るごとに、住み替えは必要になっていくだろうし、そこそこ病院には通いだすだろうから、保険料は払っておきたい。

 

第2に、離れて暮らす両親・義両親のため。

今すぐではなくても、これからは介護という世代に入っていく。別居で頑張るのか、呼び寄せるのか、そういう見通しまでは、まだないけど、こまめに顔を見に行ったり、旅行がてら呼んだりしたい。実家に至っては、飛行機が必須になる。場合によっては、来てもらうにしても、送迎が必要かも・・・と考えると、資金が必要かな。

 

第3に、大切な人に何かあったら、少しは役にたてる人でいたい。

義妹弟の子育てを見ていると、金銭的な部分だけではなく、人的な部分は大変だなぁと思う。すぐに、とか、いつも、ということではないけど、子どもたちが育ってきたときに、もしかしたら、少し外の人間の方が役にたてることも、あるかもなぁと考えたりしている。 今までは平和だったのに、思いがけないことが起こったりしている。実際、年末にビックリすることがあったし、今のところ見守る程度ではあるけど、少し心がピリッとした。親族だけではなく、友人についても。


第4に、自己肯定感。

自分の自己肯定感の低さは、根本的には埋まるものではないけれど、仕事の中で埋められていた部分はとても大きかった。この10年は誰かの支えになる、ということを生業にしていたし、変化を一緒に追っていけていた。どういう形であれ続けていけると、自分の精神面のためにも良さそうだ。(ちょっと身体症状がでるときがあるので注意)

とりあえず、今は、そんなくらいかなぁ。

 

星座占い的には、良い年みたいなので、前向きに暮らしていきたいと思います。

また、やりたいことが出てきたら、記録しておこう。

ぐるぐる考えているよりも、文字化することのすばらしさといったら。