まめまめ日和

40代からのまめまめしい(?)毎日。

熊本地震。これ以上被害が大きくならず、落ち着いてほしい。

日帰りですが安否確認に行ってきました。

 

多くの人が、避難所にいたり、車の中にいたり。

神社の石灯籠はゴロゴロ転がってるし。

震源近くでは、緊急地震速報は、地震前には間に合わないし。

 

ガススタは行列。スーパーは空っぽ。

携帯は、「あの音」が鳴る。

3.11を思い出しました。

幸い、知人、親族はみな無事でした。

 

でも、

テレビ見たら、阿蘇神社はつぶれてるし、

橋は落ちてるし・・・。

なくなった人も増えてる・・・。

けが人もたくさん。

 

九州自動車道では、患者さんを搬送していると思われる熊本の病院の救急車や、全国からの支援車がたくさん走っていました。

心の中で「どうぞどうぞお願いします」と言いました。

 

そんな中、子供たちが、声をあげて笑って遊んでいるところを見かけたら、すごくほっとしたよ。

彼らが、元気でいてくれることが、救いです。

 

いくつかの人災・天災を経て、行政や自衛隊、各社の対応というのは、

システム化して、非常に速くなっているんだなと思います。

一方で、日々の暮らしの中で、どこか「自分たちは大丈夫」という根拠のない思いが、ある気がします。
毎回、準備しようと思いながら先延ばしにしている自分を、また反省です。

 

 

www.jrc.or.jp

 

docs.donation.yahoo.co.jp

 

 

現在、臨時で無料公開しています。

books.kirakusha.com

 

 

日本自閉症協会

 

国立特別支援総合研究所