まめまめ日和

40代からのまめまめしい(?)毎日。

梅の季節は赤紫蘇ジュースの季節!作ったらその日に飲める赤しそジュースの作り方!

f:id:mikanbkr:20170710161211j:plain

 

私の好きなもの100個

自転車でふらふら探検してたら、商店街の八百屋さんに赤しそが売っていました。

商品の状態にしては、ちょっと割高かな、と思いつつ、購入しました。

 

今年も作ることにしました。しそジュース!

 

 

しそジュースは、うちのオカンが何年か前に作っていて、夏の暑い時期に飲んだら見事にはまってしまい、それ以降自分でも作るようになりました。 梅雨前後のこの時期、つまり梅が出まわる6月ごろといえば、梅ジュースの仕込み時期・・・なんですが、しそジュースは作ったらすぐ飲めるので良いです。

 

 

赤しその効能といわれているものは?

赤しそは、思っていたより、栄養があるとのことで、ビタミン、鉄分、カルシウム!?などが含まれるそうです。赤い色素が多いだけあって、アントシアニンも多いので、目に良さそう。

  • アレルギー予防
  • 血液サラサラ
  • 整胃腸
  • 疲労回復
  • 風邪予防
  • ダイエット
  • 美肌効果

ほんとに?と思うものもあるのですが、まぁ、とにかく、旬のものを食べることが、身体に悪いわけはないです。。(唯一、、、砂糖が多いんですけどね・・・) 

 

赤紫蘇ジュースの材料は4つでOK

  • 赤紫蘇 茎付 約300g
  • 砂糖 450g~500g(調整してください)
  • ポッカレモン50~70cc
  • 水 1L

 

今回はレモンを使いましたが、クエン酸、お酢(りんご酢とかおいしそう)、ワインビネガーなど、ご家庭によって作り方は違いますね。

 

砂糖は、粗製糖とか三温糖甜菜糖を使います。

こういうのです。私の場合は茶色いのが好きなだけですが。

 

ザラメもいい。

太い茎からは葉っぱだけを取り除き、鍋に入るサイズに切う。結構ゴミがついているので、流水で贅沢にしっかり洗いましょう。

f:id:mikanbkr:20160601193548j:plain

 

大きめの鍋に水1Lを沸かして、沸騰したら、赤しそをだーん入れましょう

入りきらないときは、徐々にしそがしぼんできますので、少しずつ追加してください。

 

火が通ってくると、葉の色が緑になってきます。それに伴って、赤い色素が、水に移っていきます。おお、シナシナ。

f:id:mikanbkr:20170710163343j:plain

 

そのまま20~30分くらい煮出したら、赤紫蘇をザルに取っていきます。

ボウルにザルを重ねたところに、赤紫蘇をとり、ぎゅーっとザルに押し付けると、搾り汁がボウルに貯まりますので、鍋に戻しましょう。

あとで、しっかり漉すので、ざっくりでいいですよ。

 

f:id:mikanbkr:20160601193647j:plain

お砂糖を入れて、溶けるまで(5~10分くらい?)時々混ぜながら溶かします。

真っ黒です。邪悪な感じ。


砂糖がとけたら、これ。

ポッカレモンです。

f:id:mikanbkr:20160601212439j:plain

 火を止めて、じゃーっと一気に入れると・・・

 

鮮やかな色になりました!!!(*´▽`*)

f:id:mikanbkr:20160601193654j:plain

 

この液体を、ザルで漉して、保存瓶へ。

保存瓶は、事前に熱湯で消毒するか(熱湯が大丈夫な素材かどうか確認を)、

食品もOKなアルコールで拭く、アルコール度の高い焼酎で拭く等の準備をしといてくださいね。

 

できあがり!!!

f:id:mikanbkr:20160601193707j:image

 

お薦めの飲み方は?

できあがった紫蘇ジュースはすぐに飲むことができます。氷を入れただけでは、かなり濃かったので、炭酸水も加えました。シュワシュワでも、水だけでも、美味しいです。お酒を飲まれる方は、焼酎で割って、サワーにしても美味しいでしょう!

 

賞味期限は一概には言えません

赤しそは、元々菌には強いようですが、酸の量、保存瓶の消毒の状態、砂糖の量などで保存期間については差があります。3日・・・という方もいれば、1年以上という方もいるので、安全性については自己責任ですよー。

 

最終的な判断は、人間の嗅覚ですかねー('◇')ゞ

今回は、八百屋さんで買いましたが、直後に行ったスーパーのほうが、新鮮で量も多めでした。たぶん、すぐ飲んでしまうので、なくなったら追加購入しようっと。

 

 

ご訪問ありがとうございました。

参加しています♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへにほんブログ村