読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子ども2人育てるのに30歳年収650万?

考えたこと

最近読んだ記事。

子ども2人を育てるための適性年収とやら。

f:id:mikanbkr:20161003095632j:plain

 

userすごいですね。1000越えしていて、なんか、まだ増えそうですもんね。

 

こちらのブログ。

www.sekkachi.com

 

そもそもは「D'ac」の ぷちこんぶさん の記事のタイトルが衝撃だったから、辿りついた記事なんですけども。

 

peticonbu.hatenablog.com

 

いやいやいや、びっくりしました。

さすが ぷちこんぶさん です。

トイレットペーパーに例えるあたりがとてもわかりやすくてですね。

思わず笑ってしまいました。

 

試算の基準は親御さんの子育ての捉えかたによる。

親が子供にしてあげたいことがどのレベルなのか、親自身が自分の人生で何を大事にしているかで試算が違ってくるんだと思うのです。

 

この sekkachipapaさん の試算では

マイホームがあって、習い事をさせたい、奨学金はなく大学に行かせたい、親の老後は自分たちで、という場合の満額試算ですもんね。

そして、たぶん地域的にマイカー2台。

かなりの好条件ですもん。

 

賃貸でいい、勉強はそこそこでいいとか、車は持たないとか、条件ひとつ変わると、またずいぶん違ってきそう。

 

私は子どもがおりません。また、住まいについても「ここに住む」という気持ちが薄くて、マイホームを買うという気持ちが多分あまりない。

土地を買うって、なんかすごいことですよ?

 

でも、もし自分に子どもがいたら、子どものことを考えて、学校を考えて住環境を考えたりしたんだと思うのです。

会社にお勤めの方は、やはり勤務先に左右される部分も大きいから、子どもを優先するとしたら、もしかしたら通勤で負担がかかるかもしれない。

 

私は、どんな力があれば、世の中生き抜いていけるかっていうのは、決して学校の勉強だけではないと考えています。

もしかしたら大学だって、あまり意味がなくなるのかもなとか。

だから、尚更、色んなことを経験させて、選ぶ力をつけさせたい。

立ち直る力をつけさせたい。

旅行とか、留学したいって希望があったら叶えてやりたいなとか。

自分がやりたくてもできなかったことだったりすると尚更です。

 

そうすると満額で試算したくなるなぁと思います。

 

繰り返しますが、子どもがいないので妄想ですがね・・・・。

 

地域差もあるしね。

さっきのマイカー2台っていうのは、地方ってことですよね。

地方って都会よりお金かからないイメージありますが、最近はそうでもないのでは?とか思ってしまいます。

確かに、地方都市部から離れれば(これが結構重要)賃貸の家賃が安いとか地方は食費は少なくなるかもですけど、

一方でやはり日常生活のためには1人1台の車を持つとか、

家は一戸建てを建てなければならない、みたいな周囲からのプレッシャーがあったり、あとは本人がそれを当たり前に思っていたりとかありますよ。

 

教育は都会のほうが大変そう。

関東に住んでいたのですが、塾がすごくたくさんあって、小学生くらいから多くが通っているようですね。お受験塾なんかは、電車で。

周りのほとんどが塾に行っていて、中学も半数が受験とかだったりすると、子ども自身が行きたいって言ったり、行かせたほうがいいのかな?となるのが集団心理。

 

でも、地域的に教育環境が整っていて、塾に行くのは少数とかいう地域もあるんです。

たぶん私の実家のあたりは、高校生くらいの塾が非常に少なくて、その分、進学校はいつも補修していますよ。それこそ毎年新年1月2日から学校には明かりがつき、生徒が登校してきています。土日も部活やら、テストやら・・・。

先生の苦労やいかんをや・・・・。

 

だから「なんとかなる」と言っている人たちがいるのもわかります。

 

 

習い事は相場が上がっているらしい。

地方住まいの従妹が言うには、

「みかんちゃん、知ってる?習い事の月謝はね、うちらのときの3倍だよ、3倍!!!」。

娘ちゃんたちが、ピアノを習っているんだそうです。

 

私はピアノは習っていないけど、お習字もそろばんも、月3000円ずつだったなぁ。

ちなみにお稽古を辞めた後、中学だけ行ってた塾は寺子屋みたいなところで、そこも5000円したかなぁ?(ちなみに5教科)

 

もう少し都市部はどうなんでしょうと思っていたら、地方都市に住む友達の子どもが中学生の夏季講習20万近いって言ってました(*_*;

そそそそそ、そうなんだぁ・・・。

 

私立大学は寄付金やらなにやらがあるし、これからは国立大も学費の値上げするんですもんねぇ。

 

まとめ

私は水やトイレットペーパーをストックしたくなるタイプなので、これだけ細かく試算するのはすごいなぁと思います。

都会であれ地方であれ、貧困ってすごく身近にあって、選択肢がないことで未来が狭くなっている子や、今の自分を認められない子も知っているので、親御さんとして、可能な限りできることをしてあげたいという気持ちがすごくステキだなと思います。

 

でも、子どもは授かりもので、子ども達の秘めたるパワーもすごいし、しかも子どもの人生って親がコントロールできるもんでもないだろうなぁとも思うと(コントロールししようとしすぎて、破城するのもねぇ。)人生において細かく試算しすぎて、そのレールから外れたときに「こんなはずじゃなかった」ってならないようにね・・・とも思ってしまう。

 

試算は大切だけども、どこかで「でもなんとかなるかな」とか「こんなにうまくいかないかな」って思っておくといいのかもな、と思います。

 

子育てに限らず。

 

 

 

★☆★ご訪問ありがとうございました★☆★

参加しています♪クリックしていただけると大変うれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ

★☆★トラコミュにも参加中★☆★

にほんブログ村 トラコミュ 暮らしを楽しむへ暮らしを楽しむ
にほんブログ村 トラコミュ 暮らしまわりのこと*へ暮らしまわりのこと*
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へライフスタイル、ライフ、暮らし、生活