まめまめ日和

40代からの日々の生き方、暮らし クラウドソーシングを利用したしごとについて

フルタイムのときより出費は倹約できているということを考えてみた。

うちは夫婦2人暮らしです。

去年まで、フルタイムで、かなりがっつり働いていたので、ダブルインカムってやつでした。

ゆくゆくは、何かしらの仕事をするつもりではいましたが、2016年春ごろは祖母のこともあったので、しばらくはフリーでいようと思い早々に扶養に入れてもらいました。

 

収入がほぼ半分になりました。

 

 

f:id:mikanbkr:20170112153851p:plain

でも、ひとまず、思ったより生活できているんですよね。

もちろん、昨年までの所得税の支払いとかが、がっつり来たりしましたけれど、基本的には納めなければならないお金ですから覚悟していました。

 

現在、基本的な日々の生活は、夫の収入の中で行っています。

4~12月分について、月々の出費を把握してみて思ったことを書いておきます。

 

追記:

この記事を書いた後、いつもステキなRinさんのブログで、アドラー流家計管理表がダウンロードできるサイトが紹介されているのを発見!

こちらでは、年間の出費もみやすくできそうです。今度試してみたいです。

 

www.rinsimpl.com

 

さて、記事に戻りましょう。

 

固定費出費はあまり変わってなかった。

固定費の内訳は

  •  住居費
  •  光熱費
  •  保険
  •  携帯電話
  •  インターネット通信費

 

住居費は以前の住まいと変わらず(夫の収入だけになったため、手取りに占める割合は高くなった)、すでにスマホも格安SIMにしていました。

プロパンから都市ガスになり、ガス代は安くなったけど、地域的に水の価値が高く、水道代が上がったので、そんなに大きな変化はありません。

 

年間の出費も帰省費と車の維持費、お祝い事の出費程度です。

 

流動費で大きく占めるのは、やっぱり食費

流動費の内訳は

  • 食費
  • 日常雑貨(小物収納なども含む)
  • 衣類
  • 理・美容費
  • 医療費
  • 娯楽
  • ガソリン・高速代
  • 交際費

 

現在の我が家の流動費で大きな割合を占めているのが食費です。

我が家の食費の中には、日々の食材だけではなく、嗜好品(特にコーヒー)、外食費も含まれています。

 

次に大きなものが娯楽関係でしょうか。

雑誌やマンガ、水槽や多肉植物の管理備品、日帰りの釣りや温泉が含まれます。

我が家は、夫婦別々の趣味なようで、共通だったりするので、特にお小遣いから・・・という風にはしていません。 

あとは、消耗品と、ガソリン代と理・美容費くらいかな。

お土産やプレゼント、飲み会といった交際費は流動費に入れています。

 

子どもがいないと、あまり計上するものがないのかしら?

よくわからないけれど、塾とか習い事とかあるし、すくすく育つ子たちには衣類やら学用品やらなにやら必要でしょう。

 

明らかに減ったと考えているもの

明らかに減ったと考えられるものは以下のとおり。

  • 「私の」洋服
  • 「私の」飲み会代
  • 「私の」医療費
  • 「私の」書籍
  • ケーキや、コンビニおやつ
  • 外食費(2人分の昼食費)

いやー稼いでいたときの無駄遣いは、ほぼ私ですね。

 

通勤途中の罠

オットは車で通勤していましたが、私は車で行けば30分のところを、交通手段の関係で1時間程度かかっていました。

さすがに車を2台持つことは負担が大きいとは思っていたのと、たかだか30分ですが、疲れがひどいときの自分の運転の危なさといったら。

職場の駐車場から出すだけに、1週間後に売ると言っていた同僚の車にこすってしまい、多大なる迷惑をかけたことがあります(=_=)

出張など、必要な場面では車で出勤していましたが、毎日となるとリスクが高いと判断したのです。

 

しかも、車だと交通費は一部しか出ないし。

 

ルートはこんな感じ。

(自宅)⇀自転車⇀電車⇀⇀(乗り換え)⇀⇀電車⇀徒歩⇀(職場)

 

この行程で何がヤバそうか、すでに強調しているのですが、 

そう、乗り継ぎ駅の駅ビルです。

 

乗り継ぎが、無駄遣いに走る罠だったと今は思います。

 

毎年のダイヤの改正は、改悪ばかり。

中途半端な待ち時間ができるのです。

なんなんですかね?あれ。わざとですかね?

 

そんな人をターゲットにするかのように、改札のすぐ横には鉄道会社経営の駅ビルの入り口があり、季節に合った洋服や、雑貨が見え隠れします。こじんまりはしているのですが、そこそこのモノが揃っており、目移りするというよりは、じっくりと足を止めてしまうつくり。

その罠にまんまとハマる私

 

つい帰りに寄っては、たいして使いもしない化粧品を買ったり、マンガはほぼ発売日に購入、おやつやらお惣菜も・・・。

そして、電車は2~3本見送るというタイムロス。。。

 

本屋は大きくはないのですが、仕事に必要な本もバンバン買っていました。

専門書だったので、1冊軽く2000円越えするものを、数冊とか。

その結果として、現在も本棚は私の本ばかりです。

(いや、必要だと思っていますけども)

 

ちょっとこだわりのモノが揃った、高級スーパーも危険でしたね。

ちょうど小腹がすく時間でしたので、個包装になった単価の高めのチョコやクッキー、飲み物なんかを買って、電車を待ちながら食べたりね。

 

通勤が運動になっていたのか、不思議と太らなかったんですけどね。

お金は使っていましたね。

 

色々、電車とか経路のせいにしていますけど、結局のところ、その背景には仕事の疲れとか、あったんだよなぁと思っています。

 

こういう誘惑に負けずに、仕事と家事や子育てとうまく両立できている人は、ストレスの発散が上手なんだと思うし、物を選ぶ際の思考の整理が上手なのではないか、と思っています。

 

お弁当をつくるパワーがなかった。

私はロングスリーパーなので、ある程度の睡眠時間が必要なタイプです。

本当に朝が弱い上に、オットよりも1時間以上早く家をでる生活をしていました。

更に、帰りもオットより遅いことも。

元々体力がないので、ご飯を食べたら寝落ちしていることもしばしば。

 

夕食は帰りが早い方がつくる、という暗黙の了解がありましたが、お弁当については「自分でつくるくらいなら買う」と言うオット、朝起きれない私。

 

結果的に、昼食は、ほぼ外食(もしくはコンビニ)になっていました。

 

これ、結構大きいですよね。

1食500円~600円 夏なら、飲み物が加わることもあります。

これを2人分で、仮に月に20日とすると、それだけで軽く月に2万~(@_@)はかかってしまう。

 

今はオットは少なくとも週の半分はお弁当を持っていっているし、自分も昼食は家にあるものを適当に食べる生活です。

昼食代はほとんど使っていないと思います。

 

洋服が少なくても良くなった

 

実は前職では、職場で着る服装と普段着る服装が異なりすぎていました。

衛生面の問題があったため、職場では何日も同じものを着ることがはばかられ、着替えも複数が必要でした。シューズなども支給ではありませんでしたから、頻繁ではありませんでしたが、買い替えも。

また、イベントなどでは、TPOに合わせて洋服も必要でしたが、あまりにも普段の装いと異なりすぎていたのです。

 

普段は、というと、シャツとカーディガン、デニムなどのパンツにスニーカーということが多かったとはいえ、カジュアルなものを好んで着ていました。

TPOに合わせた服装も、普段の好みのものは職場ではあまり使えず。

 

結局、一人で二人分の洋服を所有していたことになります(=_=)

 

それが退職してからは、職場用が必要なくなったのですよね。

安価なものを着まくっていたとはいえ、やはり購入する必要がなくなったのは大きいです。

 

引っ越しに合わせて、かなりの量を処分したのでスペースも空きました

 

オットはもともと数を増やすタイプではなく、時々アウトドアブランドのものを買い足す程度でした。そして、それがそのまま仕事着になるという、ありがたい職場なのです。

 

今は、本当に必要なときにシンプルなものを買う程度になりました。

使う場面や、着るか着ないかを厳選する余裕ができた気がします。

 

なぜかやたらと病院に行っていた

ふと思ったのですが、退職後は歯医者以外の病院に行っていません。

仕事をしていたときは、よく風邪をひいたし、喉だけが痛くなったり、お腹も痛くなったりしていました。腰痛もひどかった。

胃カメラを飲んだり、MRIも撮ったな・・・。

頭痛もあったので、市販の薬もよく買っていました。

 

ただでさえ歯科治療は比較的長期に渡って高額になるので、

それに合わせると夫婦合わせて医療費控除をすることもしばしば。

 

それが、健康診断以外で、内科に行っていないのです。 

もちろん、婦人科など本当は行ったほうが良い病院まで行っていないので、それは改善しないととは思っていますが、

 

あまりコミュニケーションが得意ではないくせに、対人の仕事をしていました。

一人一人個性的な人たちと、時に個人で、時に集団に対して対応しなければならず、日々ストレスを感じていました。

仕事は好きでしたが、常に前を向いていなければならず、ストレスに感じたり、心が折れそうになることもありました。

 

たぶん、体調に出ていたんでしょうねぇ。。。

単純に、人込みにいる機会も多かったので、感染リスクが高かったとも言えますが。

 

健康でいるってことは、お金の節約にもなるんだなぁと。

あと、治療するよりも、予防の方が結果的に節約になると、個人的には考えています。

 

とはいえ働くメリットは現金だけではない。

お金を使うことで、自分の「欲」を満たし、日々のストレスを発散したりはしていましたが、それでも残るお金もあったし、厚生年金だったり、健康保険だったりは、辞めて退職の書類を整える中で、非常に大きかったことを実感しました。

 

あくまでも、私の元・勤務先の話にはなりますが

例えば、体調が悪くなって休職するときや、介護にかかる休暇、子育てにかかる休暇など、かなり整っていました。

 

そして、職場の雰囲気として、表向きは受容してくれている。

おそらく、残された人は、そこそこ負担が偏るので個々人の不満はあったと思いますが、表には出さない。

それって、実際に制度を利用している当事者としてはすごくありがたいことだと思うのです。

人にもよる、かもしれないけれど「自分がお世話になったから、今度は私が応援する番」と言っているベテランの方々が心強かったものです。

 

他にも、良く知らなかったのですが、いつのまにか毎月引き落としで積み立てをしていて退職時に返金がありました。この「意識せず」貯めておけた仕組みで、この先も貯められたら、10年後には楽だったらなぁとかね。

 

会社に勤めているということで得られる「安心」もあったのですよね。

ちなみに、もしも私が男性だったとして、自分に何かあった場合にも、その妻や子への恩恵もあったようです。

逆はないらしいです、この時代に。変なの。

 

ただし、オットの会社は別・・・・。

オットの会社は、そういう制度は全く整っていません。

かろうじて、健康診断があるくらいかと・・・。

 

今後は、緩やかになのかガツンとなのかわかりませんが、健康が第一になる世代に入りました。もし、オットに何かあったら、我が家は現状では収入が途絶えるのです。

 

そして、遠方の両親も危なっかしく暮らしているのです。

 

福利厚生を、、ではないけれど、何かしらの手立てが必要かなと改めて思います。

これは、今年の検討課題。

 

まとめ

仕事を辞めたことで、私自身の通勤途中の無駄な買い物や、体調不良が改善されたようで、お金を使う機会が減りました。

 

いやー、ほぼ丸々一人分の稼ぎを貯金できてたんだなぁと思いつつ、私が仕事をしていく上での代償として必要だったと考えましょう(-_-メ)。

 

一方で、ある程度の保障のある会社に勤めていると「福利厚生」という付加価値が大きいんだなと思います。

 

節約をしてオットの給料だけでやっていくことは今のところ何とか可能です。

 

でも、私たちはもちろん、両親の健康不安を考えると、やっぱり、私にも何かしらの収入や、想定される範囲での補償が必要だなと改めて思いました。

 

さて、そんなわけで、主婦も入れるとかいう気になる個人型確定拠出年金(iDeco)でも調べるかなー。