まめまめ日和

40代からの日々の生き方、暮らし クラウドソーシングを利用したしごとについて

インプラント体験記・今後の方針を決めるまでと衝撃の治療費【歯科医院通院日記2】

f:id:mikanbkr:20170228205412j:plain

みなさん、歯が抜けたあと、インプラントを想定するとおいくらくらいかご存じですか??

 

歯にかぶせるものを、保険治療外で考えるとおいくらくらいかご存知ですか???

 

ちょこちょことある「つぎはぎ虫歯」が、口のなか全体にあるとして、全部修理するとおいくらになるか、想像つきますか・・・。

 

 

。゜゜(´□`。)°゜。ほんと、泣けてきますよ。

 

◆◆目次◆◆

 

歯科の治療の相談は90分でも短いくらいかもしれない。

 

メインテナンス卒業しましたので、次は・・・・

カウンセリング。

 

 

といっても、心理的なものではなく、専門歯科医師?のライセンスをもつ先生との個別相談です。

 

90分8400円・・・・。まじでか(最近の口癖)・・・。

 

さらに、CTも取りました。アメリカの著明なDrの画像診断つきで

28000円・・・・まじでか・・・。

 

でも、歯科矯正したときも、最初の検査やらなにやらで4~5万円飛んでったんだよなぁ。

 

90分を提示されて、こんなに長く話すことあるかなぁと思っていましたが、ありました。

 

時間足りないくらい・・・。

 

話していただいたことは

・現状
・必要な治療と、いくつかの進め方のパターン
・メリットとデメリット
・質問

 

治療をするかどうかは、必ず自分で決めてくださいということを、先生が繰り返されました。

 

いかに、一般の歯医者さんとの意思疎通が、短時間で終わっていたかを実感しました。

昔は、医療者が説明したことに対しては、何の疑問も持たずに「はい」というしかない時代が長く続きましたが、今はそうではありません。

 

先生からはどんな治療をしたいかだけではなく、「ここで」受ける、受けないも検討してくださいね、と言われました。

 

「うちの治療が一番だとは思っているけど、セカンドオピニオンも受けていいんだからね」と。

 

こういうことを医療者側から言ってもらえると、患者としてはほっとしますよね。

 

先生は雰囲気イケメン(めっちゃ失礼・・・)で、私的には、次に書く現実を聞きながらも、ちょっと楽しく過ごせました。

 

が、現実は、かなり厳しいものでした。

 

やっぱり厳しい評価でした。

幼いころから虫歯を繰り返していて、物心ついてからは、歯医者に行くたびに見つかる虫歯。

 

保険診療内で行う治療は、あちこちの虫歯を、その場しのぎの詰め物で治療をしていました。

 

繰り返しになりますが「その場しのぎ」なんです。

その場しのぎが、どんどん増えて、ある時、その場しのぎが効かなくなった。

結果として、もう、根底からやり直すしかない、という状態が今。

 

後悔しても、もう、どこが原因かどうかもわかりませんし、戻ることもできません。

 

皆さんが恐い~って思って貰えるといいな

 

そして、

 

必要であれば、早く信頼できる歯医者さんに行ってもらえるように

 

と思うので、現状をさらします。

 

神経を抜いた後の治療はリスクが高い。

神経を抜くという治療自体は、必要だから行ったものだと思います。

ただ、神経を抜いた後の治療の成功率は、高いスキルを持った歯科医師でも成功率は7割程度しかないそうです。

 

じゃぁ、高いスキルを持っていない歯科医師が担当した場合・・・。

 

・・・・何か伝わるでしょうか。

 

私の口の中には、自分が知らない間に神経がなくなっていた歯もありました。

 

そして、

治療のときに傷がついたり、何度も最近感染を繰り返します。結果、治療は失敗を繰り返し、腫れたり膿がたまったり、異臭を放ったり。

 

これが、奥歯2本の状態です。

 

矯正治療後もノーリスクではない。

大人の歯科矯正自体は、後悔もしていないしやって良かったと思います。

明らかに全体の管理はしやすくなったと思うのです。

 

ただ、やはりリスクはあったんだなぁと思います。

 

ぎゅぎゅっと動かした歯の1本が、歯茎の内側で溶けていたのです。

全員に起こる症状ではないけれど、成人の矯正後に十分起こりうる症状なんだそうです。

 

これも神経がない歯でした。

しかも、犬歯。。。

犬歯は、犬歯というだけあって、動物が肉を噛みきるときに大切な歯です。

そのため、歯の中でも最も長い根っこを持っていて、しっかりと生えています。

 

咀嚼のためにも、歯並びのためにもとても大切な歯です。

そのうち1本を抜かなければならないかもしれません・・・。 

 

インプラント3本の価格は・・・?

乳歯を抜いた場所に、すでにインプラントが1本入っているのですが、こちらは「矯正治療の一環」としてやっていただいたので、歯科矯正治療の料金の中に全て組み込まれていました。

 

しかし、今回は、インプラントを目的として治療を行います。

しかも、現時点で想定は3本です。

 

インプラントは、身体に害のない金属を顎の骨に埋め込むことで、歯の根っこを作り、その上にかぶせ物をかぶせます。

 

インプラントがぐらつかずに、しっかりと定着するにはいろいろ条件はあると思いますが、少なくとも顎の骨が必要な厚みを保っている必要があるのです。

 

しかし、歯の根っこ治療が上手くいかずに、どんどん細菌が繁殖している場合は、膿が出ているのは表向きの症状で、実は中で顎の骨がどんどん溶けていくのです。

 

歯を抜いてきちんと治療をすれば、顎の骨が溶け続けることはありませんが、インプラントを行うためには、場合によっては、顎の骨の再生治療を行うことになります。

 

さぁ、ハウマッチ・・・?

 

 

( ;∀;)

( ;∀;)

( ;∀;)

 

 

車が買えちゃうね。

アジアでは、学校が建つと友達に言われました。

 

安いインプラントには理由がある。

インプラントは、皆さんも知っているかもしれませんが「自由診療」です。

国民健康保険や共済保険などとは違うため自費診療となり、大変高額になります。

 

また、自由診療というのは、歯科がある程度常識的な範囲で自由に価格を決めることができます。そのため、病院によって差があったり、地域によっても差があります。

 

消費者としては安く収まるものは、大変助かりますが、その中でも激安なものは、少し心配です。

 

技術面もそうですが、使っている素材がどのようなものか、ということです。

インプラントの素材にも、グレードがいくつかあります。

また、インプラントのかぶせ物に使う素材も、いくつかあります。

 

また、歯周病がかなり進んでいて、顎の骨が溶けてしまっていると、インプラントを植えようにも基礎土台がありません。そのため、インプラントを選択する場合には、骨の再生をまったり、何らかの方法で骨を造る治療を行う場合もあります。

 

見た目だけではなく、耐久性の部分も考慮して選択した方が良いものですから、必ずしも安価で受けられる治療ではないということに注意しなければなりません。

 

「1本◯万円でできるインプラントをしてください」と希望して、希望が叶うとは限らないのです。

 

また、もし諸々都合が合って、安価なものを選べるときのリスクも、きちんと聞いておいたほうがいいのではないかな、と個人的には思っています。

 

私が出した方針は・・・

2週間考えた結果。

私は、セカンドオピニオンは受けず、現在の病院で治療を受けることにしました。

 

私の決断が曖昧だと、ちゃんと突っ込みを入れてくれながら、話を聞いてくれた先生に委ねることに。

 

といっても、私の口の中の場合は、他にも専門医が関わってくれます。

こちらもイケメン・・・。なんですが、私は、雰囲気イケメンの先生の方が好きですw

 

とりあえず、2本の治療を始めることになりました。

隣り合った2本のため、次回はインプラントの位置を決めるための型取りです。

 

これだけでも、数万円かかります(/_;)

 

 

 

さぁ、皆さん歯医者行きたくなりました?

あんまり、ならないか。

 

でも、特に、今何も困っていない人ほど、一度行ってみることをお勧めしますよ。

 

 

 

過去記事はコチラ 

mikanbkr.hatenablog.com