まめまめ日和

40代からのまめまめしい(?)毎日。

黄砂は化学汚染物質PM2.5を運ぶ?洗濯物は?空のモヤモヤ日常の対策方法まとめ。

f:id:mikanbkr:20170508100023j:plainドライブしていると田植えが終わっているところもあったり、春をあまり感じないままに、新緑がキレイな季節になりました。

私用のエギング竿も買ってしまったので、もっと出かけたいのですが、この時期の西日本って黄砂とPM2.5が想像以上に飛んでくるんですね(@_@。

 

関東にいた頃は、「転勤にしてきた人が軒並み花粉症になる」という地域に住んでおりました。多少黄砂は飛んでましたが、花粉に比べると、ほとんど気にしてませんでした。 

 

今度は黄砂とPM2.5・・・。基本的な対策は花粉と同じなんかな?と思って対策しているのですが、基本情報をまとめておきたいと思います。 

 

 <目次>

黄砂現象とは

黄砂現象は、日本の西側の大陸中央部の砂漠地帯の「砂」が、風下である日本列島の日本海側を中心に、飛来することを言います。風向きによって九州から北海道まで幅広く観測され、時には太平洋側にまで届きます。

 

粒子が小さいので本来はあまり見えないのですが、量が多いと空が黄色くモヤモヤっとしてきて見通しが悪くなることがあります。 

今日はなんだかモヤっとするな、という日は、花粉か黄砂・PM2.5が飛んでいるんだなと思うようになりました。

PM2.5とは

黄砂現象そのものは、最近始まったものではありません。大きな自然現象です。タクラマカン砂漠やゴビ砂漠の砂が日本にまでやってくるなんて、ロマンすら感じます。

オットなぞは「九州人は慣れている」と言っています。

 

問題は、やはり大陸の国の発展に伴って生成された化学汚染物質です。黄砂は、地上から空に巻き上げられたときに、大気中の化学汚染物質を付着して運んできてしまうのです。

 

化学汚染物質は何かが燃えて発生します。タバコや、バーべーキューのときの炭など日常的にも生成はされているのですが、個人消費程度では問題ありません。要は煙ですね。細かな粒子は少量であれば人の目には見えないけれど、集まれば姿を現します。

 

その他、燃えて発生した物質や自然界から放出される有機物質と、光や大気中のオゾンが反応することで生成されます。

 

炭素成分、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩、ケイ素、ナトリウム、アルミニウムなどの無機元素などが含まれます。 

 

そして・・・・

粒子上の化学汚染物質の中でも、サイズが2.5μm(マイクロメートル)以下の粒子をPM2.5と言います。

 

1マイクロメートルは 1㎜の1/1000

 

・・・・よくわかりませんね。

調べていたら、よく比較されていたのが、髪の毛や砂。

 

髪の毛=70μm

砂浜の細かい砂=90μm

スギ花粉=20~40μm

 

・・・・まぁ、PM2.5は、すごくすごく細かい粒ってことです。

 

PM2.5はそのサイズの小ささから、人間の肺にまで入り込んでしまうことが問題とされ、ぜんそくや呼吸器疾患に影響があると言われています。 

 

その他、化学物質によっては発がん性がある?疑われている?ものもあるようです。(詳しくはないので、この辺で)

 

・・・・・私、気管支が少し変な形をしておりまして、必ず、風邪の終盤は、長びく咳です。

昔仲が良かった内科医師に相談したら、レントゲンを見ながら、

「(今は)大きな問題はなさそうだけど、弱いかもねぇ」

と言われました( ;∀;)

 

細々と気をつけていきたいのです。

 

飛来量の確認できるサイトは?

黄砂やPM2.5の飛来量は、テレビやインターネットでの天気予報でお知らせされます。インターネット上だと気象庁のサイトが便利かなぁと思っています。

 

気象庁の黄砂情報予測図

3日後までの予測が動画で確認できます。

気象庁 | 黄砂情報

 

環境省の「そらまめ君。」

他人とは思えない。

しかし、何故(気象庁と)別でつくるのか・・・。

大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)ホームページ

 

各自治体サイト

自治体でも注意喚起のための仕組みをつくっているところがあります。福岡市の場合は、防災メールやLINEで友達登録をしておくと、情報を配信してもらえて便利。

 

でも自治体でやってるところは少なそうですね。

www.city.fukuoka.lg.jp

 

全国PM2.5大気汚染・微小粒子状物質速報・対策

都道府県選択すると、県内主要ポイントのPM2.5が一覧で出てきます。危険度に合わせて色分けもしてくれているので、わかりやすいです。

が、午前9時更新で、16時になっても更新されてないです。

(16:50に確認したら、16:00の数字に更新されてました!)

今その瞬間の情報が欲しいって場合にはちと物足りないんですが、パッと感覚的に見れるのは、やはりわかり易いですね。数字だけが並んでいると、すぐページを閉じてしまいますもん。

 

pm25news.com

 

今回は省きますが、スマホ対応アプリでも便利なものがありそうですね。

 

PM2.5が多い日の過ごし方

大陸から飛んでくるものを防ぐことはできません。できるのは、各自が日常の中で気をつけることくらい・・・。私が今の住まいに転居して、PM2.5が多い日に、どのように過ごしているかを挙げていきます。

 

黄砂が多い日はできれば換気しない。

花粉は基本飛ぶのが日中だったので、夜に換気すれば良いのですが、黄砂の場合はそうもいきません。昼夜関係なく飛んでいます。

換気したくなる気持ちはわかりますが、窓を開ければ空気の流れができて、多かれ少なかれ室内には入ってきます。どうしても開けたいときは、せいぜい10㎝程度でカーテンを閉め空気清浄機をガンガン回します。 ただ、窓が開いていることに変わりはないので、入ってきてますよ。。。

 

うちはシャープさんの空気清浄機(加湿なし)を1台。

リビングの隣の寝室で24時間年中回しています。

これといって効果を感じることはないのですが、オットが寝ながらオナラをすると(*´з`)突然「ブオーッツ」と動き出すので、センサーは働いているようです。

 

朝起きたら、ホコリが舞う前に拭き掃除

 入ってくるのを防いでいても、いつのまにか入り込んでいるのが花粉と黄砂・PM2.5。日中は人の動きで、室内を舞っているので、空気清浄機に頼るしかありませんけど、就寝中は人の動きがなくなり床に落ちていきます。これを朝一番にふき取りしちゃいます。

 

ウェットシートで・・・。

 

洗濯ものは部屋干し

黄砂が飛んでくる日は、いいお天気なことが多いですが、洗濯ものにPM2.5が付着して、白いものは黄色くなってしまうことすらあります。洗濯ものは外には干さず室内干しをしましょう。

 

浴室乾燥があるんですが、賃貸備え付けの古いタイプで電気代がぼんっと上がるので、外が晴れて湿度が低めの日は使用しません。

 

サーキュレーターで風を起こしておくと乾きやすい・・気がします。

 

外出時はメガネ・マスク

あまりにも飛来が多い日は外出を控える方が良いらしいですが、生活では、そうもいきませんよね。

 

特にアレルギー、喘息や呼吸器疾患がある人は、少しでも体内に取り込むことを防ぐためにメガネやマスクをしましょう。

 

メガネは花粉用があればベストかなぁ。普通の眼鏡は、しないよりはマシですが、やっぱり目に入ります。 

 

先日普段痒くならない右目がとにかく痒くて思わずこすってしまったのですが、「あ、黄砂だ」と思って水洗いしたら治まりました。

眼をこすって傷がつくのは困ります。帰宅したら、まず洗顔ですね。

 

マスクはPM2.5に対応しているものかどうかが重要です。

マスクは着け方が大切。鼻もすっぽり中に入れて、マスクが顔のラインに沿っているようにしましょう。

 

ワイヤー部分を一回折ってから着けると隙間ができにくく、眼鏡のくもり予防にもなりますね。

 

後日。車の汚れは水で流すことが基本です

f:id:mikanbkr:20170508100507j:plain

 

黄砂が飛んできた後は泣きたくなるくらい車が汚れます( ;∀;)。

放置して乾燥すると取れにくくなるので、早めに落としてしまいたいのですが、無理やりゴシゴシは禁止です。

 

砂に含まれるケイ素などの物質はガラスと同じですから、何も考えずに、乾いた布でこすったり、ワイパーを動かすと、あっという間に傷だらけですよ。

 

水で流してからふき取る

ウォッシャー液をジャブジャブ使う

 

これが大切です。

乾いたときにワイパーを動かせば、ワイパーがボロボロになりますし、さらにフロントガラスに傷がつくと、その傷に汚れが付着したり、光が変に反射してしまって運転しづらくなります。

 

ウォッシャー液なんて、水道水でもいいんです。ジャブジャブ使いましょう。

 

まとめ

対策としては、基本的なところは花粉と変わらないんだなと思います。基本は自然のものですから黄砂そのものを防ぐことは難しいですし、大陸の発展はものすごいですから、今後もPM2.5は飛んできますね( ;∀;)。

 

オットなぞは気にしすぎと言いますけど、でも実際に眼が痒くなったりもするので・・・。できる対策を行っていきましょうかね・・・。

 

 

**写真は「写真AC」無料(フリー)から使用しています(*´ω`*)