まめまめ日和

40代からの日々の生き方、暮らし クラウドソーシングを利用したしごとについて

梅しごと2017 とりあえず梅シロップ

f:id:mikanbkr:20170613165544j:image

あっという間に1年。今年も梅のシーズンがやってきました。

スーパーで見かけた南高梅 約1キロ 598円を買ってきました。やや熟れていて、本当はこのまま熟させて梅干しにしたら美味しいのだろうけど、まずは梅シロップをつくらないことには!

 

ということで、2017梅しごと、はじまりです!

 

 

(今年の)梅シロップ材料

  1. やや熟れ南高梅1キロ
  2. 氷砂糖 1キロ
  3. 保存瓶 
  4. ホワイトリカー 適量(消毒用)

 

お砂糖については、白砂糖のほか、甜菜糖など、好みのお砂糖で作って大丈夫です。

それぞれ異なった味わいが楽しめますよ~。

 

私は氷砂糖のつまみ食いが好きなので(!?)、氷砂糖のことが多いです。

 

作り方

f:id:mikanbkr:20170613165350j:image

やや熟れの梅は、あまり水に浸さなくていい。

青梅の場合は、数時間ほど水に漬けてアクを抜くらしいですが、熟れている梅については、水に漬けない人もいるくらいです。逆に傷から傷むリスクもあるので、私も水洗いを軽くしてから、20分程度であげてしまいました。

 

ヘタについても、傷がつくくらいなら、と思って指でとれるものだけとりました。

というか、今回の梅はほとんど残ってなかったのです。

 

そして、ザルの上に乾いた布巾を敷いて、しっかり乾かしました。

 

むしろ乾かす方を重視ですね。

f:id:mikanbkr:20170613165418j:image

 

保存瓶を消毒しておく

今回使用した保存瓶は、去年使ってから洗って、保管していたものなので、本当は洗って乾かすという工程を挟んだほうがいいのでしょうが、もうすぐにでも作りたい。

 

そこで、やや多めにホワイトリカーを入れて、洗浄もかねてみました。

保存瓶にホワイトリカーを入れて、蓋をしっかり閉め、シャカシャカ振ります。

注ぎ口周辺もホワイトリカーを染み渡らせます。

その後は、菜箸を使ってキッチンペーパーで中をふき取ります。

 

梅シロップにホワイトリカーを入れる人もいるくらいなので、少々残っても、あまり気にしなくても良いのではないか?というのが正直なところです。後で煮沸もしますし・・・。

 

ただし!

これについては、個人責任でお願いいたします。

 

梅しごとにおいて、カビは大敵!

煮沸消毒して、乾燥、ホワイトリカーでふき取る、

が、推奨されるやり方でしょう。

 

梅と氷砂糖を入れる

保存瓶の中に、梅と氷砂糖と交互に入れた、、、のですが、梅が入らなくなってしまいました・・・・。

 

氷砂糖が解けて梅エキスも出始めたころに追加投入することにして、残った梅はジップロックに入れて冷凍保存します。

 

梅シロップを早くつくるために、梅を冷凍する人もいるくらいですし、実は、今月のきょうの料理に掲載されていたレシピでは、一部を冷凍しておいて加えると書いてあったのです。その方が、カビの発生が抑えられるとか。。。本当かな?と思いつつ、自分に都合が良いやり方だったので、実行してみます。

 

 

完成までの間にやることは?

砂糖が溶けるように混ぜる。

梅どころか、氷砂糖も全部入りませんでした。というのも大粒の南高梅だったので、どうしても隙間ができてしまうのです。蓋をして向きを変えたり、揺すったりしていると、少しずつ氷砂糖の位置が変化するので、そのたびに氷砂糖を追加しています。

 

毎日一回ずつは、様子見がてら瓶を軽く振ってみましょう。ただし、強く振りすぎると梅が傷だらけになってしまって、腐ってしまう原因になりますから、注意です。

 

また、人によっては1日に1~2回混ぜるというやり方をとる場合もあります。氷砂糖は特に溶けにくいので、その方がいいかもしれません。

 

道具は、ステンレスのスプーンをリカーで消毒したほうがいいのではないかと思っています。

 

1週間~10日で氷砂糖が溶けたら梅を取り出す

白砂糖やてんさい糖であれば、1週間から10日くらいすれば溶けると思います。今回の場合は氷砂糖のため、溶けるのがゆっくりです。途中で梅を追加しつつ様子をみていきます。

 

1週間から10日後、砂糖が溶けたら梅は取り出しちゃいましょう。もったいないけれど、腐ってきてしまう可能性がありますからね。

 

氷砂糖は、溶け切らない場合があります。砂糖が溶け切らなくても、これくらいの期間が経過したら梅を取り出しましょう。火入れをすれば砂糖は溶けるので大丈夫です。

 

この時の梅は・・・

青梅はしわくちゃ完熟した梅は、多少凹むくらいになる程度です。

 

火を入れて完成!!!

ザルまたは、目の細かい布で漉したら、アクをすくいながら15分くらい火をいれます。

 

沸騰しないように気をつけましょう!

 

まとめ

青梅だとさっぱりした味わいの梅シロップ。今年は、やや熟れの梅でつくることにしました。たぶん、少し梅の香りが豊かなものが出来上がると思うのですが、カビ、、、、カビだけが恐いのです。

 

無事に出来上がりますように。

たのしみだなぁぁぁぁぁ

 

さぁ、次は梅干しかな。