まめまめ日和

40代からの日々の生き方、暮らし クラウドソーシングを利用したしごとについて

乳がん検診 特に乳腺が多い人はマンモグラフィとエコーも毎回一緒がおススメ。

f:id:mikanbkr:20170914093951j:plain

 

先日宣言したとおり、健康診断を受けてきました。

 

その中のひとつに、マンモグラフィがありました。おっぱいを片方ずつ機械でぎゅーっと挟んでレントゲンを撮る、アレです。

 

今回受診して思うところがあったので、これから乳がん検診を受ける女性に自分で医療機関を選んで受ける女性に、ちょっと心に留めておいてほしいことを書きます。

 

今年は市の女性で無料で受けられました。他の検診は、今後のことも考えて受けてきたのですが、乳がんについては、全く頭にありませんでした。

 

で、マンモグラフィは基本健診と一緒に受けてきたのですが・・・

 

「乳腺外来で、エコー触診も一緒に受けられるところがベスト」

 

 だと思いました。というか、勧められました。

 

[;contents]

 

日本人女性に多い?乳腺が多いとレントゲンは見づらい

f:id:mikanbkr:20170914094021j:plain

乳房の中には、乳腺と呼ばれる

 

そんな乳腺が、みっちりと詰まっている人がいます。乳腺はレントゲン撮影すると白く映るのですが、もし腫瘍病変があっても同じく白く写ります。

 

つまり、乳腺が多ければ多いほど、腫瘍があっても乳腺の影に隠れて見えづらくなってしまうのですね。

 

日本人女性は、乳腺がみっちり、という人が多いそうです。(技師さん談)

 

乳腺が多い人はエコーも併用がいい

 

今回は診療放射線技師さんから助言を貰いました。

 

「うーん、そらまめ。さんの場合は、これからは乳腺科のある病院がいいかもしれないですね」

 

自治体の助成ではマンモグラフィしか無料にならないけれど、特に「乳腺みっちりさん」は、マンモグラフィだけでは発見が難しいから、エコーと触診を一緒に受けたほうが良いと。

 

今回マンモグラフィを受けた病院でも、自費診療でエコーと触診を受けることができました。しかし、万が一、それ以上の検査になったときには、結局別の病院でしか受けることができないと言われました。

 

医療機関としては、データがそろっているほうが、その後の検査もスムーズになります。

 

同じ仕事をしていても重要ポイントを言ってくれるかどうかは人による。

f:id:mikanbkr:20170914092830j:plain

今回は、この放射線技師さんにお会いできただけでも良かったなと思います。

 

マンモグラフィは2回目ですが、以前は「若い人はエコーもやったほうがいい」とは言われたものの、何故かはわかりませんでしたし、疑問にも思いませんでした。

 

結局、医療人も人間なので、大事な情報を得られるかどうかって、結構運がありますよね・・・。

 

今回は、確定ではないにせよ、自分の特徴にどんなリスクがありそうかを教えてもらえただけでも感謝です。

 

きっちりレントゲンを撮影するために、自分は何度もしゃがんだり、角度を見たりしながら調整してくださった技師さんに、思わず「大変なお仕事ですねぇ」と言ってしまいました。

 

技師さんは「ふふふっ」と笑われました。

 

プロで良かったです。

 

さいごに

乳がん検診は受けた方がいい、と言われるものの、やっぱり一つ一つの検査の特徴があるんだなぁと思いました。

 

一つの検査で十分という人もいれば、体質や持病があったりして、実は制限があるという人もいます。こればかりは個人差があります。

 

ただ、マンモグラフィは万能ではない、それだけは、これから検査を受ける機会が増えるだろうアラフォーの女性の皆さんに知っておいていただければと思います。

 

あと、言うまでもなくですが、日頃から自分でのチェックも行いましょうね。